ARM DS-5 ARM Streamline の使用

バージョン 5.14


目次

Preface
About this book
Using this book
用語集
Typographic conventions
Feedback
Feedback on this product
Feedback on content
Other information
1 ターゲットのセットアップ
1.1 Streamline の前提条件
1.2 Linux カーネルの準備と構築
1.3 必要なカーネルコンフィギュレーションメニューオプション
1.4 gator デーモンのロード
1.5 gator モジュールの構築
1.6 ターゲット上での gator デーモンの実行
1.7 Ethernet を使用した Android ターゲットへの接続
1.8 キャプチャセッションの開始
1.9 gator デーモンのアンロード
1.10 gatord コマンドラインオプション
1.11 Mali デバイスをサポートするための Streamline の設定
1.12 推奨されるコンパイラオプション
2 [Streamline Data(Streamline データ)]ビュー
2.1 Streamline Data ビューを開く
2.2 [Streamline Data(Streamline データ)]ビューのツールバーオプション
2.3 [Analysis Data Locations(解析データの場所)]ダイアログボックスのオプション
3 キャプチャオプション
3.1 [キャプチャと解析オプション]ダイアログボックスを開く
3.2 [キャプチャと解析オプション]ダイアログボックスの設定
4 カウンタの設定
4.1 [カウンタの設定]ダイアログボックスの構造
4.2 [Counter Configuration(カウンタの設定)]を開く
4.3 [収集するイベント]リストへの新しいイベントの追加
4.4 [収集するイベント]リストからのイベントの削除
4.5 [カウンタの設定]のツールバーオプション
4.6 Mali 固有イベント
4.7 イベントベースのサンプリング
4.8 イベントベースのサンプリング設定
5 ライブビュー
5.1 ライブビューの概要
5.2 ライブビューのツールバーオプション
6 タイムラインビュー
6.1 タイムラインビューの概要
6.2 タイムラインビューのグラフ
6.3 タイムラインビューのプロセスセクション
6.4 タイムラインビューのツールバー
6.5 タイムラインビューのコンテキストメニューオプション
6.6 タイムラインビューのキーボードショートカット
6.7 クロスセクションマーカ
6.8 タイムラインビューのサンプル HUD
6.9 タイムラインビューの X 線モード
6.10 キャリパコントロールを使用したフィルタ
6.11 タイムラインビューへのブックマークの追加
6.12 Mali ターゲットに特化したタイムラインビューのグラフ
6.13 タイムラインビューのグラフィック品質の変更
6.14 タイムラインビューのグラフコンフィギュレーション
6.15 グラフコンフィギュレーションツールバーのオプション
6.16 グラフコンフィギュレーションシリーズのオプション
6.17 [Snippet(スニペット)]メニュー
6.18 [Snippets(スニペット)]メニューを使用した既存のグラフの追加
6.19 [Snippets(スニペット)]メニューを使用したタイムラインビューへの新しいグラフの追加
6.20 [Snippets(スニペット)]メニューのコンテキストメニューオプション
6.21 [Snippets(スニペット)]メニューのボタン
6.22 タイムラインビューの可視化されたアノテーション
7 テーブルビュー:コールパス、関数、およびスタック
7.1 テーブルビューのツールバーオプション
7.2 テーブルビューのコンテキストメニューオプション
7.3 テーブルビューのキーボードショートカット
7.4 テーブルレポートのソート
7.5 コールパスビューの列見出し
7.6 関数ビューの列見出し
7.7 [スレッドでの最大スタック深度]グラフ
7.8 スタックビューの列ヘッダ
8 コードビュー
8.1 コードビューの基本
8.2 コードビューの行の選択
8.3 コードビューの不足しているソースの検索
8.4 コードビューの検索コマンドの使用
8.5 コードビューのツールバーオプション
8.6 コードビューのキーボードショートカット
9 コールグラフビュー
9.1 コールグラフビューの概要
9.2 コールグラフビュー階層の仕組み
9.3 コールグラフビュー内を移動するためのミニマップの使用
9.4 コールグラフビュー関数のコンテキストメニューオプション
9.5 コールグラフビューの空白のコンテキストメニューオプション
9.6 コールグラフビューのツールバーオプション
9.7 コールグラフビューのキーボードショートカット
10 Streamline アノテート
10.1 アノテートの概要
10.2 コードへの Streamline アノテートの追加
10.3 視覚注釈の概要
10.4 コードへの視覚注釈の追加
10.5 アノテートマクロ
10.6 Importing the Streamline_annotate example
11 ログビュー
11.1 ログビューの列ヘッダ
11.2 ログビューの検索フィールド
11.3 ログビューのコンテキストメニューオプション
11.4 ログビューの合計パネル
12 Energy Probe
12.1 Energy Probe の概要
12.2 Energy Probe の要件
12.3 Energy Probe のシャント抵抗器の選択
12.4 Energy Probe のセットアップ
12.5 Streamline への caiman アプリケーションの追加
12.6 ファームウェアの更新
12.7 Streamline における Energy Probe データ
12.8 消費電力関連データを整列するように手動オフセットを適用
12.9 消費電力関連データをキャプチャするための National Instrument Multifunction Data Acquisition デバイス(NI DAQ)の設定
13 高度なカスタマイズ
13.1 ターゲット上のデータのキャプチャ
13.2 gator_events_mmaped.c custom カウンタ例の使用
13.3 カスタムパフォーマンスカウンタの作成
13.4 gator_events 関数
13.5 events.xml ファイルへのカテゴリの追加
13.6 events.xml のカスタムカウンタ用のカテゴリとイベントパラメータ
13.7 Streamline と動作する L2C-310 メモリマップされたペリフェラルの取得
13.8 Linux カーネルのプロファイリング
13.9 保存された Streamline キャプチャデータに基づく新しい Streamline 解析レポートの作成
14 よくある Streamline 問題のトラブルシューティング
14.1 ターゲット接続の問題のトラブルシューティング
14.2 レポート問題のトラブルシューティング
15 コマンドラインでの Streamline の使用
15.1 Opening a Streamline-enabled command prompt or shell
15.2 streamline コマンドラインオプション
15.3 ファイルへのコマンドラインデータの出力

図の一覧

2-1 [Streamline Data(Streamline データ)]ビュー
2-2 [コンパクトなデータ(Compact Data)]ビュー
2-3 キャプチャの命名
3-1 [キャプチャオプションの変更]ボタン
3-2 [キャプチャと解析オプション]ダイアログボックス
3-3 [ツールのパス]ダイアログボックス
4-1 [Streamline Data]ビュー
4-2 [収集するイベント]リストへのカウンタの追加
4-3 [インタフェース]ドロップダウンメニュー
4-4 イベントベースのサンプリング設定
5-1 ライブビュー
6-1 タイムラインビュー
6-2 プロセスセクションにアクティブな選択項目がある棒グラフ
6-3 プロセスフォーカスボタン
6-4 ツールチップのクイックアクセス
6-5 ハンドルコントロールを使用したグラフの移動
6-6 グラフのサイズ変更
6-7 グラフ表示コントロールを使ってクラスタごとのデータを表示したところ
6-8 プロセスバー
6-9 CPU 競合ドットが表示されているタイムラインビュー
6-10 イベントベースのサンプリングタグ
6-11 ズームレベルのドロップダウンメニュー
6-12 クロスセクションマーカのあいまいな線
6-13 タイムラインビューのサンプル HUD
6-14 コアが 2 つある場合の X 線モード
6-15 キャリパを使用したフィルタ
6-16 ブックマークの追加
6-17 色の選択
6-18 タイムラインビューのブックマーク
6-19 タイムラインビューにおける Mali グラフ
6-20 [高品質グラフィックスを使用]オプションが無効のタイムラインビュー
6-21 グラフコンフィギュレーションボタン
6-22 グラフコンフィギュレーションパネルとキャッシュグラフ
6-23 グラフコンフィギュレーションパネルのツールバー
6-24 積み上げグラフの例
6-25 シリーズ A のデータがシリーズ B のデータに隠れて見えなくなっている
6-26 棒グラフの例
6-27 シリーズのオプション
6-28 Windows での[色]ダイアログボックス
6-29 [Snippets(スニペット)]メニュー
6-30 カテゴリの変更
6-31 タイムラインビューの可視化されたアノテーション
6-32 タイムラインビューでのイメージへのマウスオーバー
7-1 複数レベルのソート
7-2 [スレッドでの最大スタック深度]グラフ
8-1 コードビュー
8-2 合計パネル
8-3 不足しているソースファイル
8-4 [ソースの検索]ダイアログボックス
8-5 [検索]フィールド
9-1 コールグラフビューで選択された関数
9-2 シンプルな階層
9-3 複数の呼び出しを持つコール階層
9-4 コールグラフビューのミニマップ
10-1 アノテーションオーバーレイ
10-2 タイムラインビューの可視化されたアノテーション
11-1 ログビューに表示される視覚注釈
12-1 Energy Probe の回路図
12-2 Energy Probe の電気接続例
12-3 ターゲットへの接続
12-4 入力された[ツールのパス]フィールド
12-5 タイムラインビューにおける Energy Probe データ
12-6 [Energy Offset(エネルギーオフセット)]メニュー
13-1 タイムラインビューのの正弦波カウンタ
13-2 [解析]ダイアログボックス
15-1 レポートモードを使用して生成された関数レポート
15-2 テキストファイルのタイムラインビュー

リリース情報

ドキュメント履歴
発行 日付 機密保持ステータス 変更点
A 19 10 月 2010 非機密扱い ARM Streamline パフォーマンスアナライザ 1.0
B 19 1 月 2011 非機密扱い バージョン 5.4
C 19 4 月 2011 非機密扱い バージョン 5.5
D 19 7 月 2011 非機密扱い バージョン 5.6
E 19 9 月 2012 非機密扱い バージョン 5.7
F 19 11 月 2011 非機密扱い バージョン 5.8
G 19 2 月 2012 非機密扱い バージョン 5.9
H 19 5 月 2012 非機密扱い バージョン 5.10
I 19 7 月 2012 非機密扱い バージョン 5.11
J 19 10 月 2012 非機密扱い バージョン 5.12
K 19 12 月 2012 非機密扱い バージョン 5.13
L 15 3 月 2013 非機密扱い バージョン 5.14

著作権

® または ™ のマークが付いた言葉およびロゴは、この著作権情報で別段に規定されている場合を除き、ARM® の EU またはその他の国における登録商標および商標です。本書に記載されている他の製品名は、各社の所有する商標です。

本書に記載されている情報の全部または一部、ならびに本書で紹介する製品は、著作権所有者の文書による事前の許可を得ない限り、転用・複製することを禁じます。

本書に記載されている製品は、今後も継続的に開発・改良の対象となります。本書に含まれる製品およびその利用方法についての情報は、ARM が利用者の利益のために提供するものです。したがって当社では、製品の市販性または利用の適切性を含め、暗示的・明示的に関係なく一切の責任を負いません。

本書は、本製品の利用者をサポートすることだけを目的としています。本書に記載されている情報の使用、情報の誤りまたは省略、あるいは本製品の誤使用によって発生したいかなる損失・損傷についても、ARM は一切責任を負いません。

ARM という用語が使用されている場合、"ARM または必要に応じてその子会社" を指します。

機密保持ステータス

本書は非機密扱いであり、本書を使用、複製、および開示する権利は、ARM および ARM が本書を提供した当事者との間で締結した契約の条項に基づいたライセンスの制限により異なります。

無制限アクセスは、ARM 社内による分類です。

製品ステータス

本書の情報は最終版であり、開発済み製品に対応しています。

Web アドレス

非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0482LJ
Copyright © 2010-2013 ARM.All rights reserved.