8.3 コードビューのパス接頭文字の代入

ARM Streamline では、ソースコードが自動的に検索されてソースビューに表示されます。ただし、ソースファイルがコンパイル時と同じディレクトリにない場合は、ソースビューにソースコードは表示されません。そのため、Streamline がコードを見つけられるようにパス代入を設定する必要があります。

Streamline がソースを見つけられない場合、ソースファイルが見つからないという趣旨のメッセージが、コードビューのソースセクションに表示されます。
図 8-3 不足しているソースファイル
不足しているソースファイル

パス接頭文字の代入を設定するには、以下の手順に従います。

手順

  1. 開始するための方法は 2 つあります。
    • 足りないファイルのメッセージの下にあるリンクをクリックします。
    • ツールバーの[パス接頭文字の代入の設定]ボタンをクリックします。
    どちらの方法でも、[パス接頭文字の代入]ダイアログボックスが開きます。
    図 8-4 [パス接頭文字の代入]ダイアログボックス
    [パス接頭文字の代入]ダイアログボックス

  2. プラス記号をクリックして、新しいパス接頭文字の代入を追加します。
  3. [接頭文字]フィールドと[代替]フィールドに有効なパスを入力します。
  4. [適用]ボタンをクリックします。
    [代替]フィールドで指定したパスに、キャプチャで使用したコードと合致するコードが含まれている場合は、Streamline によってソースコードと統計オーバーレイがビューに挿入されます。
関連する概念
8.1 コードビューの基本
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0482QJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.