8.5 コードビューのツールバーオプション

コードビューのツールバーは、コードビュー機能にとって必要不可欠です。最も重要なのは、[逆アセンブリ]ボタンです。[逆アセンブリ]セクションが開かれるからです。このセクションを開くと、ビューが分割され、現在のソースファイルに関連付けられたすべての命令のリストが表示されます。

コードビューのツールバーには、次のボタンがあります。
ヘルプ
項目ヘルプが Eclipse で開きます。
逆アセンブリビュー
逆アセンブリパネルが開きます。コードビューの一番下のセクションに位置する逆アセンブリパネルには、ソースコードに関連付けられた命令が表示されます。
最近選択された関数
リストから最近選択された関数を選択できるドロップダウンメニューを開きます。これにより、コードビューの関数を選択できます。
ソースを編集
優先的に使用するエディタでソースファイルが開きます。
検索
ダイアログボックスが開き、プロファイリング時に使用したソースコードと一致するソースファイルをファイルシステムで検索できるようになります。ソースファイルがない場合や、同期していないソースファイルを以前に選択した場合は、このボタンを使用して下さい。
関連する概念
8.1 コードビューの基本
関連する作業
8.3 コードビューのパス接頭文字の代入
8.4 コードビューの検索コマンドの使用
関連する参考文書
8.6 コードビューのキーボードショートカット
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0482QJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.