8.6 コードビューのキーボードショートカット

コードビューのキーボードショートカットを使用すると、ソースコードと逆アセンブリ命令の中を素早く移動できます。

テーブルビューで使用できるキーボードショートカットは以下のとおりです。
上方向キー
現在の選択内容が 1 行上に移動します。
Shift + 上方向キー
前の行が現在の選択内容に追加されます。
下方向キー
現在の選択内容が 1 行下に移動します。
Shift + 下方向キー
以下の行が現在の選択内容に追加されます。
[Home]
Home キーを押すと、現在選択されている行が含まれた関数の冒頭に移動します。命令が関連付けられていないコード行がソースビューで選択されている場合は、Home キーを押すと、ソースファイルの冒頭に移動します。
[End]
End キーを押すと、現在選択されている行が含まれた関数の末尾に移動します。Home キーと同様に、選択したソース行に命令が関連付けられていない場合は、End キーを押すと、ソースファイルの末尾に移動します。
PageUp キー
1 ページ上に移動します。1 ページは、ソースビューまたは逆アセンブリビューで現在表示されている行の範囲によって定義されます。
PageDown キー
1 ページ下に移動します。
関連する概念
8.1 コードビューの基本
関連する作業
8.3 コードビューのパス接頭文字の代入
8.4 コードビューの検索コマンドの使用
関連する参考文書
8.5 コードビューのツールバーオプション
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0482QJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.