章 12 消費電力関連データのキャプチャ

Streamline の消費電力関連データをキャプチャするには、 ARM Energy Probe またはサポートされている NI-DAQ デバイスが必要になります。 ARM Energy Probe は、アプリケーションおよびシステムソフトウェアの開発者が電力、電圧、および電流を 3 チャネルまで自由に組み合わせて測定できるようにするためのコンパクトなプローブです。 ARM Streamline と消費電力関連データキャプチャデバイスを組み合わせることにより、電力メトリックをターゲットハードウェアのソフトウェア動作に照らし合わせて視覚化することができます。そのため、ターゲットシステムの静的および動的動作をより深く理解して、デバッグ、プロファイリング、および分析できるようになります。

It contains the following sections:
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0482QJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.