2.5 [解析データの場所]ダイアログボックスのオプション

Streamline 解析データを保存する場所をファイルシステム上で定義するには、[解析データの場所]ダイアログボックスを使用します。解析データには、キャプチャデータや Streamline 解析レポートなどがあります。

[解析データの場所]ダイアログボックスには、次のボタンがあります。
加算
ファイルシステムを検索して新しいフォルダをリストに追加するための別のダイアログボックスを開きます。

独自のキャプチャが作成されるまでは、xaos サンプルディレクトリに Streamline キャプチャのサンプルが保存されている状態になっています。 Streamline データビューにサンプルキャプチャを表示するには、[追加]ボタンを使用し、xaos プロジェクトディレクトリを選択します。
[Remove]
リストからフォルダを削除します。
[OK]
ダイアログボックスを閉じます。新しく定義されたフォルダ内のすべてのキャプチャは、 Streamline データビューに表示されます。
[Cancel]
場所のリストに加える変更を破棄し、ダイアログボックスを閉じます。
リセット
定義されたフォルダをデフォルトリストに戻します。デフォルトフォルダは、使用している OS によって異なります。
  • Windows の場合、デフォルトフォルダは C:\Users\<user_name>\Documents\Streamline です。
  • Linux の場合、デフォルトフォルダは ~/Documents/Streamline です。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0482QJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.