--fpmode=model

浮動小数点モデルを指定し、リンク時に最適なライブラリを選択するようにライブラリの属性と浮動小数点の最適化を設定します。

Note

このオプションによって、記述したコードを変更する必要はありません。

model には次のいずれかを指定できます。

none

ソースコードでは、どのような浮動小数点型も浮動小数点命令も使用できません。このオプションは、明示的な --fpu=name オプションをオーバーライドします。

ieee_full

IEEE 標準で保証されているすべての機能、演算、および表現を、単精度および倍精度で使用できます。演算モードは、実行時に動的に選択できます。

ieee_fixed

最も近い値に丸め、不正確な例外の発生を報告しない IEEE 標準。

ieee_no_fenv

最も近い値に丸め、例外を発生させない IEEE 標準。このモードは、Java の浮動小数点算術モデルと互換性があります。

std

0 にフラッシュされる非正規化数があり、最も近い値に丸め、例外の発生を報告しない IEEE 有限値。このモードは C および C++ と互換性があります。これはデフォルトオプションです。

有限値は、IEEE 標準によって予測されます。NaN (非数)および無限値は、IEEE モデルによって定義されている一部の状況で生成されない場合があります。また、生成されたとしても、記号が同じになるとは限りません。さらに、ゼロの記号が、IEEE モデルによって予測された記号でない場合もあります。

fast

最適化を変更する値です。この場合、高速実行の代わりに精度が犠牲になります。このモードは IEEE 互換でも、標準 C 形式でもありません。

Show/hide

armasm --fpmode ieee_full inputfile.s

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0489BJ
Non-ConfidentialID011811