--predefine "directive"

いずれかの SET ディレクティブを事前実行するようにアセンブラに指示します。これは条件付きアセンブリに便利です。

directive は、SETASETL、または SETS ディレクティブのいずれかです。directive は次のように引用符で囲む必要があります。

armasm --predefine "VariableName SETA 20" inputfile.s

また、アセンブラは、変数の値を設定する前に、対応する GBLLGBLS、または GBLA ディレクティブを実行して変数を定義します。

変数名では、大文字と小文字が区別されます。コマンドラインを使用して定義された変数は、コマンドラインで指定されたアセンブラソースファイルに対してグローバルです。

Note

使用しているシステムのコマンドラインインタフェースによっては、\” など、特殊文字を組み合わせたものを入力して、directive に文字列を含める必要があります。あるいは、--via file を使用して --predefine 引数を含めることもできます。コマンドラインインタフェースでは --via ファイルからの引数を変更することはできません。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0489BJ
Non-ConfidentialID011811