--thumb

UAL 構文を使用して、命令を Thumb 命令として解釈するようにアセンブラに指示します。このオプションは、ソースファイルの先頭の THUMB ディレクティブに相当します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0489BJ
Non-ConfidentialID011811