--list=file

このオプションは、アセンブラによって生成されたアセンブリ言語の詳細なリストを file に出力するようにアセンブラに指示します。

file として - を指定すると、リストが stdout に送られます。

--list の動作を制御するには、次のコマンドラインオプションを使用します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0489BJ
Non-ConfidentialID011811