--list=

このオプションは、アセンブリ言語の詳細なリストを inputfile.lst に送信するようにアセンブラに指示します。

Note

ファイル名なしで --list を使用すると、出力を inputfile.lst に送信できます。ただし、この構文は現在使用が制限されているため、この構文を使用するとアセンブラによって警告メッセージが表示されます。この構文は今後のリリースで廃止される予定です。代わりに --list= を使用して下さい。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0489BJ
Non-ConfidentialID011811