--fpu=name

ターゲットの浮動小数点ユニット(FPU)アーキテクチャを選択します。このオプションを指定すると、--cpu オプションによって設定された任意の暗示的 FPU がオーバライドされます。明示的に指定した FPU に CPU との互換性がない場合、エラーが生成されます。浮動小数点命令が間違ったターゲット FPU にアセンブルされたときにも、エラーまたは警告が表示される場合があります。

アセンブラによって、オブジェクトファイル内の name に対応するビルド属性が設定されます。オブジェクトファイル間の互換性と、選択されるライブラリはリンカによって決定されます。

name の有効値は以下のとおりです。

none

浮動小数点アーキテクチャを選択しません。これにより、アセンブルされたオブジェクトファイルと任意の FPU でビルドされたオブジェクトファイルとの互換性を確保できます。

vfpv3

アーキテクチャ VFPv3 に適合する、ハードウェアの浮動小数点ユニットを選択します。

vfpv3_fp16

半精度浮動小数点拡張を備えたアーキテクチャ VFPv3 に適合する、ハードウェアの浮動小数点ユニットを選択します。

vfpv3_d16

アーキテクチャ VFPv3-D16 に適合する、ハードウェアの浮動小数点ユニットを選択します。

vfpv3_d16_fp16

半精度浮動小数点拡張を備えたアーキテクチャ VFPv3-D16 に適合する、ハードウェアの浮動小数点ユニットを選択します。

vfpv4

アーキテクチャ VFPv4 に適合する、ハードウェアの浮動小数点ユニットを選択します。

vfpv4_d16

アーキテクチャ VFPv4-D16 に適合する、ハードウェアの浮動小数点ユニットを選択します。

fpv4_sp

アーキテクチャ FPv4 の単精度バリアントに適合するハードウェア浮動小数点ユニットを選択します。

vfpv2

アーキテクチャ VFPv2 に適合する、ハードウェアの浮動小数点ユニットを選択します。

softvfp

ソフトウェア浮動小数点リンケージを選択します。--fpu オプションを指定せず、選択された --cpu オプションで特定の FPU が示唆されていない場合は、これがデフォルトになります。

softvfp+vfpv2

VFP 命令を使用するソフトウェア浮動小数点リンケージがある浮動小数点ライブラリを選択します。

それ以外の点は、--fpu vfpv2 を使用する場合と同等です。

softvfp+vfpv3

VFP 命令を使用するソフトウェア浮動小数点リンケージがある浮動小数点ライブラリを選択します。

それ以外の点は、--fpu vfpv3 を使用する場合と同等です。

softvfp+vfpv3_fp16

VFP 命令を使用するソフトウェア浮動小数点リンケージがある浮動小数点ライブラリを選択します。

それ以外の点は、--fpu vfpv3_fp16 を使用する場合と同等です。

softvfp+vfpv3_d16

VFP 命令を使用するソフトウェア浮動小数点リンケージがある浮動小数点ライブラリを選択します。

それ以外の点は、--fpu vfpv3_d16 を使用する場合と同等です。

softvfp+vfpv3_d16_fp16

VFP 命令を使用するソフトウェア浮動小数点リンケージがある浮動小数点ライブラリを選択します。

それ以外の点は、--fpu vfpv3_d16_fp16 を使用する場合と同等です。

softvfp+vfpv4

VFP 命令を使用するソフトウェア浮動小数点リンケージがある浮動小数点ライブラリを選択します。

それ以外の点は、--fpu vfpv4 を使用する場合と同等です。

softvfp+vfpv4_d16

VFP 命令を使用するソフトウェア浮動小数点リンケージがある浮動小数点ライブラリを選択します。

それ以外の点は、--fpu vfpv4_d16 を使用する場合と同等です。

softvfp+fpv4_sp

VFP 命令を使用するソフトウェア浮動小数点リンケージがある浮動小数点ライブラリを選択します。

それ以外の点は、--fpu fpv4_sp を使用する場合と同等です。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0489BJ
Non-ConfidentialID011811