MSR

ARM レジスタからシステムコプロセッサレジスタへの移動命令です。

Show/hide構文

MSR{cond} coproc_register, Rn

各パラメータには以下の意味があります。

cond

任意の条件コードを指定します。

coproc_register

コプロセッサレジスタの名前を指定します。

Rn

ARM ソースレジスタを指定します。Rn に PC は指定できません。

Show/hide使用法

この命令を使用すると、CP14 または CP15 コプロセッサの書き込み可能レジスタに書き込むことができます。該当するすべてのコプロセッサレジスの名前は、『ARMv7-AR アーキテクチャリファレンスマニュアル』に記載されています。以下に例を示します。

    MSR SCTLR, R1 ; R1 の内容を CP15 コプロセッサレジスタ
                  ; SCTLR に書き込む

Show/hideアーキテクチャ

この ARM 命令 MSR は、ARMv7-A および ARMv7-R で使用できます。

この 32 ビット Thumb 命令 MSR は、ARMv7-A および ARMv7-R で使用できます。

これらの命令の 16 ビット Thumb バージョンはありません。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0489FJ
Non-ConfidentialID111211