CHKA

CHKA (配列のチェック)は、2 つのレジスタにある符号なしの値を比較します。

最初のレジスタの値が 2 番目のレジスタの値以下か等しい場合、この命令により、PC が LR にコピーされ、IndexCheck ハンドラへの分岐が発生します

Show/hide構文

CHKA Rn, Rm

各パラメータには以下の意味があります。

Rn

配列のサイズを指定します。Rn に PC は指定できません。

Rm

配列のインデクスを指定します。Rn に PC と SP は指定できません。

Show/hideアーキテクチャ

ARM 状態では使用できません。

この 16 ビット ThumbEE 命令は ThumbEE をサポートする ARMv7 のみで使用できます。

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0489FJ
Non-ConfidentialID111211