Frame ディレクティブ

このセクションでは、以下のディレクティブについて説明します。

上記のディレクティブを使用することにより、以下の処理を行うことができます。

アセンブラ関数のプロファイルを必要としていても、他の目的にフレーム記述ディレクティブを必要としない場合、以下のようになります。

DWARF での標準構造フレームアドレスは、割り込み関数のコールフレームがある場所を指定する、スタック上のアドレスです。

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0489FJ
Non-ConfidentialID111211