--debug

このオプションは、DWARF デバッグテーブルを生成するようにアセンブラに指示します。 --debug-g と同じ意味です。 デフォルトは DWARF 3 です。

Note

ローカルシンボルは --debug では保持されません。 デバッグのためにローカルシンボルを保持する場合は、--keep を指定する必要があります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0489GJ
Non-ConfidentialID051612