--depend_dir=directory_name

このオプションを使用して、依存関係ファイルの出力ディレクトリを指定できます。

Show/hide

armcc -c --output_dir=obj f1.c f2.c --depend_dir=depend --depend=deps

結果:

depend/f1.d
depend/f2.d
obj/f1.o
obj/f2.o

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811