--configure_gcc_version=version

ARM Linux のための設定を行う際、このオプションを使用して、GCC バージョンを手動で設定(オーバーライド)できます。

GCC のインストール環境に対する設定を行う際、報告されたバージョンをこのオプションを使用してオーバーライドした場合、指定したオーバーライドバージョンがインストール済みの GCC のバージョンよりも古いと、コンパイラから警告が生成されます。

Show/hide構文

--configure_gcc_version=version

各項目には以下の意味があります。

version

GCC のバージョン番号を N.[N]N.[N]N 形式で指定します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811