--default_definition_visibility=visibility

このオプションは、extern 変数および関数の定義の ELF シンボルのデフォルトの可視性を制御します。

Show/hide構文

--default_definition_visibility=visibility

各項目には以下の意味があります。

visibility

defaulthiddeninternalprotected のいずれかを指定します。

Show/hide使用法

--default_definition_visibility=visibility を使用すると、ソースファイルに extern として定義されているすべての変数および関数について、__declspec(dll*)__attribute__((visibility(”visibility_type”))) も使用されていなければ指定した ELF シンボルの可視性を使用するよう、コンパイラに対して要求することができます。--hide_all--no_hide_all とは異なり、extern の参照には影響しません。

Show/hideデフォルト

デフォルトでは、--default_definition_visibility=hidden が使用されます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811