--wchar32

このオプションを選択すると、wchar_t の型が unsigned int に変更されます。

このオプションを選択すると、C の定義された型 wchar_t の型と C++ のネイティブ型 wchar_t の型の両方が変更されます。WCHAR_MINWCHAR_MAX の値にも作用します。

Show/hideデフォルト

--wchar32 が明示的に指定されるか、コマンドラインで ARM Linux 設定ファイルを指定しない限り、--wchar16 が指定されたときと同じ処理が行われます。ARM Linux 設定ファイルをコマンドラインで指定すると、--wchar32 が有効になります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811