--implicit_typename--no_implicit_typename

このオプションを使用すると、テンプレートパラメータに依存する名前の型の有無を状況から暗黙的に判断するかどうかを C++ で指定できます。

Note

オプション --implicit_typename は、C++ 標準に準拠していない従来のソースコードを移行する目的でのみ提供されています。他の目的でこのオプションを使用することはお勧めしません。

Show/hideモード

このオプションは、ソース言語が C++ の場合にのみ有効です。

Show/hideデフォルト

デフォルトは --no_implicit_typename です。

Note

--implicit_typename オプションを指定する場合、--no_parse_templates も指定しなければ効果はありません。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811