--translate_g++

このオプションを使用すると、GNU ツールからのコマンドラインの変換を有効にして、GNU コンパイラを C++ モードでエミュレートできます。

Show/hide使用法

このオプションを使用すると、以下のいずれかが提供されます。

  • ARM Linux をターゲットとした完全な GCC エミュレーション

  • 個々の GCC コマンドライン引数をそれに相当する ARM コンパイラの引数に変換することによる、完全な GCC エミュレーションのサブセット

完全な ARM Linux GCC エミュレーションを提供するには、--arm_linux_config_file も使用する必要があります。これらのオプションを組み合わせて使用することにより、設定ファイルによって指定された適切な GNU ヘッダファイルとライブラリが選択され、デフォルト動作に対する変更が組み込まれます。

完全な GCC エミュレーションを目標とせずに、GCC コマンドライン引数をそれに相当する ARM コンパイラの引数に変換するには、--translate_g++ を使用して g++ をエミュレートします。ただし、--arm_linux_config_file と一緒には使用しないで下さい。この方法では完全な GCC エミュレーションを目標としていないので、ARM Compilation Tools のデフォルト動作が保持され、ARM Linux をターゲットとしたデフォルトの設定は行われません。ARM Compilation Tools に使用されるライブラリのパスとオプションのデフォルト設定は変更されません。

同じコマンドラインで複数の GNU 変換モードを指定すると、どれを使用すべきかコンパイラが正しく解釈できません。最初に指定された変換モードが使用され、コンパイラから警告メッセージが生成されます。例えば、「armcc --translate_g++ --translate_gld」と指定した場合、--translate_g++ が使用されます。このとき、--translate_gld は無視されて、警告メッセージが生成されます。

ARM Linux 設定ファイルをコマンドラインで指定して、--translate_g++ を使用した場合は、以下のデフォルト設定が変更されます。

  • --exceptions--no_exceptions

  • --bss_threshold

  • --relaxed_ref_def--no_relaxed_ref_def

  • --signed_bitfields--unsigned_bitfields

変換の対象外にするオプションを選択して指定するには、-Warmcc を使用します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811