--profile=filename

このオプションを使用すると、ARM Profiler からのフィードバックを使用するようにコンパイラに指定することにより、サイズが小さくパフォーマンスの高いコードを生成できます。

Show/hide構文

--profile=filename

各項目には以下の意味があります。

filename

ARM プロファイラ解析ファイルの名前です。

filename を指定せずに --profile を使用すると、エラーになります。

Show/hide制約条件

プロファイルを利用した最適化を有効にするには、別途 FLEXnet のライセンスが必要です。

Show/hide

この例では、hello.c のコードを生成するときに、hello_001.apa で提供される ARM プロファイラフィードバックが使用されます。

armcc -c -O3 -Otime --profile=hello_001.apa hello.c

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811