--arm_linux_paths

このオプションを使用すると、ARM Linux のコードをビルドできます。

Show/hide使用法

このオプションは、ツールを ARM Linux と共に使用するように設定した後で使用できます。

このオプションはコンパイラ専用です。典型的な GCC 使用モデルがベースとなっており、標準のシステムオブジェクトファイルとライブラリの直接リンクと選択は、コンパイラドライバに基づいて行われます。

このオプションは、RVCT v4.0 より前のバージョンの RVCT からの移行を支援する目的でも使用されます。--arm_linux_configure を使用して設定ファイルを作成したら、標準のオプションと検索パスのリストを --arm_linux_paths オプションによって置き換えることで、既存のビルドを修正できます。つまり、--arm_linux_paths を使用して以下を置換できます。

  • --arm_linux についてリストされたすべてのデフォルトオプション

  • ヘッダパス

  • ライブラリパス

  • 標準ライブラリ

Show/hide制約条件

--arm_linux_config_file=filename オプションを使用して設定ファイルの場所を指定する必要があります。

Show/hide

アプリケーションコードをコンパイルし、リンクします。

armcc --arm_linux_paths --arm_linux_config_file=my_config_file -o hello -O2 -Otime -g hello.c

ソースファイル source.c を共有ライブラリで使用できるようにコンパイルします。

armcc --arm_linux_paths --arm_linux_config_file=my_config_file --apcs=/fpic -c source.c

コンパイラを使用して、2 つのオブジェクトファイル obj1obj2 を共有ライブラリ my_shared_lib.so にリンクします。

armcc --arm_linux_paths --arm_linux_config_file=my_config_file --shared -o my_shared_lib.so obj1.o obj2.o

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811