--signed_chars--unsigned_chars

このオプションを使用すると、char 型を符号付きにするかどうかを指定できます。

char が符号付きである場合、コンパイラによってマクロ __FEATURE_SIGNED_CHAR も定義されます。

Note

コンパイルにこのオプションを使用した変換ユニットと使用していない変換ユニット、およびインタフェースを共有している変換ユニットとデータ構造を共有している変換ユニットを混合する場合には、注意が必要です。

ARM ABI では、char を符号なしバイトとして定義します。これは C++ ライブラリが使用している解釈です。

Show/hideデフォルト

デフォルトは --unsigned_chars です。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811