--info=totals

このオプションは、オブジェクトファイルごとにオブジェクトのコードとデータのサイズの合計を確認するようにコンパイラに指示します。

コンパイラは、fromelf --text -z が使用されている場合、fromelf によって返された合計と同じ合計を同様の形式で返します。組み込みアセンブリがソースコードに存在する場合、合計には組み込みアセンブラのサイズも含まれます。

Show/hide

Code (inc. data)   RO Data   RW Data    ZI Data      Debug   File Name
3308       1556          0        44      10200       8402   dhry_1.o
Code (inc. data)   RO Data   RW Data    ZI Data      Debug   File Name
416          28          0         0          0       7722   dhry_2.o

(inc. data) 列には、コードの一部として使用されている定数、文字列リテラル、およびその他のデータ項目のサイズが表示されます。この例の Code 列の値には、この値が含まれています

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811