-g

このオプションを使用すると、現在のコンパイル用のデバッグテーブルを生成できます。

-g が使用されているかどうかにかかわらず、コンパイラは同じコードを生成します。違うのはデバッグテーブルが存在することだけです。

-g を使用しても、最適化の設定には影響しません。

Show/hideデフォルト

デフォルトでは、-g オプションを単独で使用することは、以下のオプションを指定することと同じです。

-g --dwarf3 --debug_macros

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811