--link_all_input、--no_link_all_input

このオプションを使用すると、入力されたファイル拡張子が認識されない場合のエラーの抑制を有効または無効にできます。

有効にした場合、コンパイラは、入力されたファイル拡張子が認識されない場合のエラーを抑制します。認識されなかったすべての入力ファイルは、オブジェクトファイルまたはライブラリとして処理されてリンカに渡されます。

Show/hideデフォルト

デフォルトは --no_link_all_input です。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811