--relaxed_ref_def--no_relaxed_ref_def

このオプションを使用すると、複数のオブジェクトファイルがグローバル変数の仮定義を使用できるようになります。一部の従来型プログラムは、この宣言スタイルを使用して作成されています。

Show/hide使用法

このオプションは主に、GNU C との互換性を確保する目的で用意されています。新規アプリケーションコードを作成するために使用することは推奨されません。

Show/hideデフォルト

デフォルトは厳密な参照と定義です(各グローバル変数は、1 つのオブジェクトファイルでのみ宣言できます)。ただし、ARM Linux 設定ファイルをコマンドラインで指定して、--translate_gcc を使用した場合、デフォルトは --relaxed_ref_def になります。

Show/hide制約条件

このオプションは C++ で使用できません。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811