--depend=filename

このオプションは、コンパイル中、ファイルにメイクファイル用の依存関係行を書き込むようにコンパイラに指示します。

Show/hide構文

--depend=filename

各項目には以下の意味があります。

filename

出力する依存関係ファイルの名前です。

Show/hide制約条件

コマンドラインで複数のソースファイルを指定した場合は、--depend オプションは無視されます。この場合、依存関係ファイルは生成されません。

Show/hide使用法

この出力ファイルは、make ユーティリティでの使用に適しています。出力形式を変更し、UNIX の make ユーティリティとの互換性を確保するには、--depend_format を使用します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811