関数名

Table 29 には、C および C++ 向けのコンパイラによってサポートされている組み込み変数が記載されています。

Table 29. 組み込み変数

名前
__FUNCTION__

ソースで使用されている関数名を保持します。

__FUNCTION__ は定数文字列リテラルです。プリプロセッサを使用してこれらの内容を他のテキストに結合し、新しいトークンを形成することはできません。

__PRETTY_FUNCTION__

言語固有の形式で出力された関数名を保持します。

__PRETTY_FUNCTION__ は定数文字列リテラルです。プリプロセッサを使用してこれらの内容を他のテキストに結合し、新しいトークンを形成することはできません。


Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491BJ
Non-ConfidentialID011811