--preprocessed

このオプションを指定すると、プリプロセッサによって、ファイル拡張子 .i のファイルは、マクロが既に置換済みであるものとして処理されます。

Show/hide使用法

このオプションによって、異なるプリプロセッサの使用が可能となります。前処理済みのコードを生成した後、--preprocessed を使用して、filename.i のファイル形式で、前処理済みのコードをコンパイラに渡すことによって、そのファイルが既に前処理済みであることをコンパイラに伝えることができます。

Show/hide制約条件

このオプションが適用されるのはマクロだけです。トリグラフ、行連結、コメントなど、その他すべてのプリプロセッサ項目は、プリプロセッサよって通常どおりに前処理されます。

--compile_all_input を使用した場合、.i ファイルは .c ファイルとして扱われます。プリプロセッサは、前処理が事前に実行されていないものとして動作します。

Show/hide

armcc --preprocessed foo.i -c -o foo.o

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711