--list_macros

このオプションは、指定されたソースファイルを処理した後、マクロの定義の一覧を stdout に出力します。出力される一覧には、使用法に応じて、コマンドラインで使用されたマクロ、コンパイラによって事前定義されているマクロ、およびヘッダファイルとソースファイルに検出されたマクロの定義が含まれます。

Show/hide使用法

コマンドラインで定義されたマクロ、コンパイラによって事前定義されているマクロ、およびヘッダファイルとソースファイルに検出されたマクを一覧表示するには、空でないソースファイルと共に --list_macros を使用します。

コンパイラによって事前定義されているマクロと、コマンドラインで指定されたマクロのみを一覧表示するには、空のソースファイルと共に --list_macros を使用します。

Show/hide制限

コードの生成は抑制されます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711