--implicit_key_function--no_implicit_key_function

これらのオプションは、暗黙的にインスタンス化されるテンプレートメンバ関数をキー関数として選択できるかどうかを制御します。通常、キー決定要因となる)関数は、インライン関数でも純仮想関数でもない、クラスで最初に宣言されている仮想関数です。ただし、暗黙的にインスタス化されるテンプレート関数の場合、関数が不明瞭なリンケージを持つ(つまり多重的に定義される)可能性があります。

暗黙的なキー関数の場合、注釈 #2819-D が生成されます。この注釈は、--remarks または --diag_warning=2819 で確認することができます。

Show/hideデフォルト

デフォルトは --implicit_key_function です。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711