-P

コンパイルを実行せずにソースコードの前処理を行います。ただし、前処理後の出力に行マーカーは生成されません。

Show/hide使用法

このオプションは、前処理済みの出力を、別途スクリプトやユーティリティで解析する場合に役立てることができます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711