#pragma Otime

このプラグマを使用すると、イメージサイズが大きくなる可能性はありますが、実行時間が削減されるように最適化されます。

Show/hide使用法

このプラグマを使用すると、各関数に最適化の目標を割り当てることができます。

Show/hide制約条件

プラグマは関数の外部に配置する必要があります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711