-Warmcc,--gcc_fallback

このオプションは、ARM Linux のビルド時に、GCC を使用して失敗したビルド手順を再試行するようにコンパイラに指示します。

Show/hide使用法

GCC エミュレーションモードで armcc を使用すると、GCC の非互換性によって、コンパイル、アセンブリ、またはリンク手順が失敗する可能性があります。このオプションを使用する、失敗した手順の GCC を用いた自動的な再試行がコンパイラに指示されます。armcc を使って正常に行われるビルド手順では、GCC での再ビルドが行われません。失敗した手順は、それぞれ GCC を使用して再試行されます。例えば、ビルドのすべてのソースファイルについてこのオプションを指定し、そのファイルの中のいずれかにサポートされない GNU 拡張機能(GCC 構文があインラインアセンブリコード)が含まれている場合、armcc は警告を生成し、コンパイラは GNU ツールを使用して失敗したコマンドラインを再試行します。

Note

例えば -Warmcc,--gcc_fallback のように、-Warmcc を使用するオプションを無視する必要があります。

Show/hide制限

このオプションは、エミュレーションモード(つまり、--translate_gcc--translate_g++、または --translate_gld を使用する場合)と、--arm_linux_config_file で指定される ARM Linux コンフィギュレーションファイルでのみ使用できます。コンフィギュレーションファイルを作成するには、既存の GNU ツーチェーンが存在していなければなりません(あるいは、PATH 環境変数で自動的に検出されるか --configure_gcc で指定されているか)。

Show/hide

armcc -c --translate_gcc --arm_linux_config_file=linux_config -Warmcc,--gcc_fallback -o example.o example.c

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711