--echo

コンパイルが使用する完全に展開されたコマンドラインと、armasm や armlink などのその他の外部アプリケーションを起動するために使用する別のコマンドを表示するように指示します。

このコマンドは、GCC フォールバックなど、複数のコマンドを呼び出すことになるオプションを指定する際に役立ちます。

Show/hide使用法

GCC フォールバックを実行する際に --echo を使用する場合は、-Warmcc,-echo を使用して指定する必要があります。

Show/hide

コンパイルしてリンクするには、以下の構文を使用します。

armcc --echo foo.c -o foo.axf
[armcc --echo -ofoo.axf foo.c]
[armlink -o foo.axf foo.o --fpu=SoftVFP --li]

コンパイルのみの場合は、以下のようになります。

armcc -c --echo foo.c -o foo.axf
[armcc --echo -c -ofoo.axf foo.c]

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711