#pragma once

このプラグマを使用すると、コンパイラは後続のヘッダファイルのインクルードをスキップできます。

#pragma once は、他のコンパイラとの互換性を保つ目的でサポートされているため、他の形式のヘッダ保護コーディングを使用できます。しかし、#ifndef#define のコーディングの方が移植が容易であるため、これらのディレクティブを使用することを推奨します。

Show/hide

以下の例のように、ヘッダファイルの本体を囲むように #ifndef 保護変数を配置し、#define 保護変数を #ifndef の後に配置します。

#ifndef FILE_H
#define FILE_H
#pragma once         // オプション ... ヘッダファイルの本体 ...#endif

上記の例では、#pragma once がオプションとしてマークされています。これは、コンパイラが #ifndef ヘッダ保護コーディングを認識して、#pragma once がなくてもそれ以後のインクルードをスキップするためです。

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711