変換

コンパイラによって生成される診断メッセージには、以下の形式が使用されます。

source-file, line-number:severity:error-code:explanation

severity には以下のいずれかを指定できます。

空白

severity が空白の場合、これは注釈であるため、一般的な C または C++ の用法であることを示します。ただし、場合によっては特殊な用法の場合もります。デフォルトでは、注釈は表示されません。注釈メッセージを表示するには、--remarks オプションを使用します。コンパイルは続行されます。

Warning

問題を引き起こす可能性がある異常がコード内にあることを示します。コンパイルは続行されます。

Error

コンパイルが停止する原因となる問題があることを示します。例えば、C 言語または C++ 言語の構文規則または意味上の規則に違反していることを示します。

Internal fault

コンパイラで内部的な問題が発生していることを示します。表記規則とフィードバックに記載されている情報を用意して、購入元にお問い合わせ下さい。

他の項目は以下のようになります。

error-code

エラーの種類を識別するための値です。

explanation

エラーの内容を示すテキストです。

詳細については、『コンパイラの使用』第 7 章 コンパイラ診断メッセージを参照して下さい。

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711