プリプロセッシングディレクティブ

ISO 標準の C ヘッダファイルは、#include <stdio.h> のように、標準仕様で定義されている方法で参照できます。

インクルード可能なソースファイルの名前は引用符で囲むことができます。コンパイラでは、ホストファイル名または UNIX ファイル名がサポートれます。UNIX 以外のホストで UNIX ファイル名が使用されている場合には、コンパイラはそのファイル名をローカルで使用できる名前に変換しようと試みます。

認識される #pragma ディレクティブについては、プラグマを参照して下さい。

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711