via ファイルの概要

via ファイルは、ARM 開発ツールに渡すコマンドライン引数とオプションが記述されたプレーンテキストファイルです。via ファイルは、以下に示すべての ARM コマンドラインツールで使用できます。つまり、via ファイルは、--via コマンドラインオプションを使用して、コマンドラインから指定できます。

詳細については、各ツールのマニュアルを参照して下さい。

Note

一般的には、via ファイルを使用して、ツールに対して任意のコマンドラインオプション(--via を含む)を指定できます。つまり、ネストされた複数の via ファイルを via ファイル内から呼び出すことができます。

Show/hidevia ファイルの評価

via ファイルをサポートするツールが呼び出されると、そのツールによって以下の処理が行われます。

  1. 指定されている最初の --via via_file 引数を、via ファイルから抽出された引数ワードのシーケンスに置き換えます。この中には、再帰処理を行う、via ファイル内でネストされた --via コマンドも含まれます。

  2. それ以降の --via via_file 引数についても、出現した順番で同じように処理します。

つまり、via ファイルは指定された順番で処理され、ネストされた via ファイルを含めて各 via ファイルが完全に処理されてから次の via ファイルが処理されます。

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711