式の評価

コンパイラで再度順序付けを行うことができる式は、括弧内に記述されている場合でも、優先度が等しい連想型および可換型の演算子が使用され式だけです。例えば、abc が整数式の場合、a + (b + c)(a + b) + c として評価されることがあります。

シーケンス間で、コンパイラは、括弧に関係なくどのような順序でも式を評価できます。したがって、各シーケンスの間の式の影響はどのような序でも起こり得ます。

コンパイラは関数引数を任意の順序で評価できます。

関連する標準仕様によって定義されていない評価順序は、次の事由によって異なる場合があります。

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711