--diag_remark=tag[,tag,... ]

このオプションを使用して、指定されたタグを含む診断メッセージの重大度を注釈に設定できます。

--diag_remark オプションの動作は、コンパイラが指定されたタグを含む診断メッセージの重大度をエラーではなく、注釈に設定する点を除いて、--diag_errors に似ています。

Note

デフォルトでは、注釈は表示されません。注釈メッセージを表示するには、コンパイラオプション --remarks を使用して下さい。

Note

このオプションには、同じ働きをする #pragma として #pragma diag_remark があります。

Show/hide構文

--diag_remark=tag[,tag,...]

各項目には以下の意味があります。

tag[,tag,...]

重大度を変更するメッセージを指定する診断メッセージの番号をコンマで区切ったリストです。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711