--bigend

このオプションは、ビッグエンディアンメモリを使用して ARM プロセッサ用のコードを生成するようにコンパイラに指示します。

ARM アーキテクチャでは、次のビッグエンディアンモードが定義されます。

BE8

バイトインバリアントアドレシングモード(ARMv6 以降)。

BE32

従来のビッグエンディアンモード。

リンク時に BE8 と BE32 のどちらを使用するかを選択できます。

Show/hideデフォルト

--bigend を明示的に指定しなかった場合、--littleend が指定されたときと同じ処理を実行します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711