--pending_instantiations=n

このオプションを使用すると、同時にインスタンス化できるテンプレートの最大数を C++ で指定できます。

Show/hide構文

--pending_instantiations=n

各項目には以下の意味があります。

n

使用可能な同時にインスタンス化できるテンプレートの最大数です。

n が 0 の場合、制限はありません。

Show/hideモード

このオプションは、ソース言語が C++ の場合にのみ有効です。

Show/hideデフォルト

--pending_instantations オプションを指定しなかった場合、コンパイラは --pending_instantiations=64 が指定されたときと同じ処理を実行します。

Show/hide使用法

このオプションを使用すると、無制限に繰り返されるインスタンス化を検出できます。

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711