--shared

このオプションを使用すると、--arm_linux_paths オプションを使用して ARM Linux のビルドを行うときに、共有ライブラリを生成できます。ARM Linux コンフィギュレーションに基づいて、共有ライブラリで使用するのに適したライブラリと初期化コードを選択できます。

Show/hide制約条件

このオプションは、--arm_linux_paths および --apcs=/fpic と共に使用する必要があります。

Show/hide

obj1.oobj2.o という 2 つのオブジェクトファイルを共有ライブラリ libexample.o にリンクするには、次のように指定します。

armcc --arm_linux_paths --arm_linux_config_file=my_config_file --shared -o libexample.so obj1.o obj2.o

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711