--pch

このオプションは、PCH ファイルが存在する場合はこれを使用し、存在しない場合は PCH ファイルを作成するようにコンパイラに指示します。

オプション --pch が指定されると、コンパイラは、filename.pch という名前の PCH ファイルを検索します。このとき、filename.* は元のソースファイルの名前となります。コンパイラは、PCH ファイル filename.pch が存在する場合はこれを使用し、存在しない場合は元のソースファイルと同じディレクトリにfilename.pch という名前の PCH ファイルを作成します。

Show/hide制限

このオプションは、同じコマンドラインにオプション --use_pch=filename またはオプション --create_pch=filename が含まれている場合は機能しません。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711