#warning

プリプロセッシングディレクティブ #warning がサポートされます。このディレクティブは、#error ディレクティブと同様に、コンパイル時にユーザ定義警告を生成します。ただし、このディレクティブによってコンパイルが中断されることはありません。

Show/hide制限

--strict オプションを指定した場合、#warning ディレクティブは使用できません。使用した場合、エラーが生成されます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711