--kandr_include

このオプションを使用すると、インクルードファイルの検索にカーニハン & リッチーの検索規則が使用されます。

現在の場所は元のソースファイルによって定義され、スタックされません。

Show/hideデフォルト

--kandr_include を指定しなかった場合は、バークレー方式の検索が行われます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711